インテル、ピナモンティの後釜決定? サルチェド呼び戻しが本命か

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

インテルは、来シーズンの前線にエディ・サルチェドを迎える可能性が高い。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが18日に伝えた。

スポンサーリンク

ピナモンティ放出でサルチェド復帰?

2001年生まれのサルチェドは、エラス・ヴェローナにレンタルで加入している若手FW。今シーズンのインテルで4番手を務めたアンドレア・ピナモンティが放出が濃厚で、その後釜を務める見込みだ。

サルチェドについて『ガゼッタ』は「クラブは彼を信頼することを決めた。若い攻撃のジョーカーでイタリア人という特長は、クラブの新たな方針に完全に一致しているからだ」と記した。

また、プレシーズンキャンプはインテルに合流し、そのときに4番手にふさわしいかどうかを見極めるという報道もある。

一方、ピナモンティについては、まだ去就が不透明。U-21 EUROでの活躍でさらに名乗りをあげるクラブが増えるのではないかという期待もあるようだ。

サルチェドは成長中

ピナモンティは8日サンプドリア戦で今季初ゴール