「スクデットはインテルに獲ってほしい」。ディマルコ、古巣に愛情も今はヴェローナに満足

インテル

エラス・ヴェローナのフェデリコ・ディマルコが『ラレーナ』のインタビューに応じた。『FcInterNews』が取り上げている。

インテルの下部組織で育ったディマルコは現在23歳。今もインテルからのレンタルという立場でヴェローナに加わっている。

ディマルコはイバン・ユリッチ監督のもとで成長できると感じており、次のように述べた。

「全てを要求する監督だけど、成長させてくれる。練習をカンピオナートの最重要ゲームのようにしてしまうね。民主的なミステルだね。誰か状態が良い選手がいれば、チャンスを与える。それは全員にあるものじゃない。だから、僕たちは火の中に飛び込む準備ができているんだ。僕はヴェローナで良い感じだ。どこかへ行く考えはない」

育ったインテルへの愛情も確かなものだ。

「偉大なファミリーだ。子供の頃からの旅で、夢への旅だった。セリエAデビューもさせてもらった。僕に全てを与えてくれたね。そのユニフォームを着てピッチに立つたびに、それに報いようとしてきた。彼らのスクデットを願っている」

ディマルコはヴェローナで注目すべき若手も挙げた。

「コリー、サルチェド、イリッチ。彼らはくるね。成長しているよ」