ラウタロ・マルティネス「バルセロナ行きが近かった。結局良い判断ができた」

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

インテルのラウタロ・マルティネスが、過去にバルセロナ行きが近かったことを明かした。『ESPNアルゼンチン』のインタビューを『スカイ』が取り上げている。

インテルの主力の一人であるラウタロ・マルティネスは、昨年夏にバルセロナへの移籍が頻繁に報じられた。それでも最終的に残留し、今シーズンはセリエA優勝に貢献している。

スポンサーリンク

インテルでの成功に満足

「こういった主要クラブでタイトルを手にするというのは素晴らしい経験だ。本当にハッピーだよ。カンピオナートではクリスティアーノ・ロナウドと対戦したし、いつもそばにサネッティがいる。代表ではメッシと一緒だ。僕は23歳だよ。最高だね。このユニフォームで過ごす一瞬一瞬を楽しんでいる」

「ティフォージなしでのお祝いは残念だ。ずっとそばで応援してくれていたからね。イタリアのカルチョの世界は、アルゼンチンの情熱と同じだよ」

インテルのスクデットを喜ぶ3冠メンバー

メッシと話したけど…

「(バルセロナ行きは)すごく近かった。ただ、財政的な問題でインテルに残ったんだ。その結果、幸運にもスクデットを獲れたね」

「メッシとも話していた。どういう状況なんだい、ってきかれたんだ。僕にとって素晴らしい機会になっていたかもしれないけど、最終的に良い決断ができたよ」

昨年夏に話題となったラウタロのバルセロナ移籍

かつてはレアル・マドリー行きの可能性も

「2度獲得を望まれた。最初はラシンにいたときで、ソラーリがカスティージャの監督だったときだ。あとは、僕がまだ準備ができていなかったときだ。インテルはちょうどいいタイミングだった。僕がヨーロッパに渡るのに適したタイミングだったよ」

インテルは財政難