マテラッツィ、恩師モウリーニョのローマ行きに「ユーヴェやミランだったらもっとひどかった」

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

マルコ・マテラッツィがジョゼ・モウリーニョのローマ監督就任について語った。5日付『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

ローマは4日、来シーズンからモウリーニョ監督体制となることを発表。11年前、チャンピオンズリーグ制覇後にモウリーニョ監督と涙を流して抱擁した元インテルCBは、次のように語っている。

スポンサーリンク

有名すぎるベルナベウでの一幕

L'ADDIO TRA MATERAZZI E MOURINHO FUORI DAL BERNABEU

「ユヴェントスに行ってたらもっと驚いた。インテリスタは、彼がユーヴェかミランを選んでいたらもっとひどくて、いろいろ考えただろう。彼がインテルのためにしたことを思うと、理解すると思う」

カンビアッソは理解

ローマの敵からローマの王に

「彼は全員で同じ方向にこぎ出すために、全てをやる。特にスタジアムに戻ることができるときはそうだね。ただ、応援は諸刃の剣になる可能性もある。インテルにとって1つのスクデットはほかにとって5つの価値がある。ローマにとったは20個の価値だ」

インテルのスクデットの価値に最近触れていたマテラッツィ

ローマはスクデットを目指すのか

「モウリーニョがローマに来たってことは、そういうことだ。勝たないつもりではこない。でなければ、ロンドンに残っていたはずだね」

チームの再構築にモウリーニョはうってつけ?

「あぁ。彼は共感のつくり方を知っている。その熱気は伝染する。カリスマ性があるんだ。そのカリスマはメルカートにも必要だ。ローマが必要とする4,5人の主要選手を引きつけるだろう」

だからこそ、『Daje Roma』なのか

「『Non sono pirla』と同じで調べたんだろう。すでに彼はその中にくだったということだ」

詳しくは…

ローマ対インテルとローマ対ユヴェントスでは、どちらにより大きな感情を抱くか

「ローマ対ユーヴェだ。ロマニスタたちがそう感じさせるだろうからね。ただ、インテルに勝つためにも全てをする。そして勝ったら、それを楽しみだろう」

インテル元幹部が語るモウリーニョの監督就任