モウリーニョの扱い方を語るインテル元幹部「魔法の杖は存在しない。彼はケタ外れ」

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

インテルの元ディレクターであるマルコ・ブランカ氏が、『チェントロ・スオーノ・スポルト 101.5』でコメントを残した。『FcInterNews』が伝えている。

2003年からインテルのテクニカルエリアで責任者を務めたブランカ氏は、2014年までインテルのフロントにいた。ジョゼ・モウリーニョ監督の時代ももちろんインテルにいた同氏は、4日のローマの発表について触れている。

スポンサーリンク

3冠時代のインテルと、今のローマの違い

「今のローマは、新しいオーナーがいて、クラブに何が必要かを学んでいるところだ。私のインテルは、全ての場所に適した人材を置いた。魔法の杖は存在しないが、ローマはうまくいくと思う。ただ、それには時間も必要だ」

モウリーニョ監督が与えられる保証は?

「モウリーニョはケタ外れだ。創造の可能性を持たせること。それだけで十分だ。それは大金を出すことじゃない。クラブの一部であり、プロジェクトに不可欠な存在であり、ティフォージに求められていると感じさせることが大切だ。それはローマにおいて、難しいことではないはずだと思うよ」

モウリーニョの準備はできているのか

「間違いない。ローマのオファーを受けたということは、彼がプロジェクトを気に入ったということだ。彼は何でもする。非常にモチベーションは高いはずだ」

モウリーニョのコメントは…

ローマがモウリーニョを選んだこと、モウリーニョがローマに決めたこと、どちらがより驚きか

「間違いなく後者だ。モウリーニョはいつも自由に選択し、常に予測不可能だった」

モウリーニョ監督就任決定は、ローマの終盤戦に影響を与えるだろうか

「私はそうなると思う。大きな刺激になるだろう。ローマの選手たちはプロフェッショナルだ。モウリーニョがくると分かり、来シーズンのスタートをチームで迎える価値があることを示そうとするだろう」

インテルを大きな成功に導いたモウリーニョ