ローマ行きを語るモウリーニョ「野心の大きさを感じた。一緒に道を築きたい」

ローマ

2021/22シーズンからローマを率いることが決まったジョゼ・モウリーニョ監督が、今回の電撃決定について触れた。4日、自身のインスタグラムを更新している。

11年ぶりにイタリアに戻ってくることになったモウリーニョ監督は、現監督をリスペクトしつつ、次のように記した。

「この素晴らしいクラブを率いる機会を与えてくれたフリードキン・ファミリーに感謝している」

「オーナーやティアゴ・ピントと話し合ったあと、このクラブの野心の大きさを理解した。これは、私の願望や意欲を駆り立ててきたものと同じであり、一緒に道を築きたいと思った」

「ローマのティフォージには信じられないほどの情熱があり、この仕事を引き受けるのを確信させた。来シーズンのスタートが待ち遠しい。ただ、同時にパウロ・フォンセカの幸運を祈っている」

「マスコミの皆さんには、どうぞ理解してもらいたい。しかるべきときに発信する。Daje Roma!」