「C・ロナウドよりルカク」「ピルロは変革の時期だった」。トーニが語る

インテル

元イタリア代表のルカ・トーニが、自身のTikTokでセリエAに触れた。『TMW』が伝えている。

トーニはインテルのスクデットを確信しているようで、「カンピオナートだけならほとんど負けない。それはユーヴェもそうだったし、チェルシーもそうだった。インテルの指揮官の手の中にあるね。彼らは最も一貫性のあるチームで、優勝に値する。もちろん、このインテルはグループステージ敗退は許されないね」と述べている。

一方でユヴェントスについてもコメント。「フェデリコ・キエーザはすぐに優勝を求められるチームにきた。最初はやや苦しんだけど抜け出したね。今シーズンはクリスティアーノ・ロナウドとともにベストを尽くした」と評価した。アンドレア・ピルロ監督については「変革期のユヴェントスにきた。若くて優秀な選手を加えて、レベルの高い選手が売却された」と話し、“新米監督”を擁護している。

また、FW陣にも言及した。インテルのロメル・ルカクについては「とても強い」と評価しつつ、「でも、パートナーに特定の能力がないといけない。そういった意味でアルバロ・モラタは誰とでもいけるから、私は彼の方が好みだ」と述べた。ただ、「ルカクは得点がなくても決定的だ。ロナウドはいつもケタ外れだが、今でいえばルカクの方がより若く、あらゆるものを持ちあわせているね」と語っている。