インテル、バストーニ契約延長は急務? ペップらの関心に対応急ぐ

インテル

インテルがアレッサンドロ・バストーニとの契約延長を急いでいるようだ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が5日に伝えた。

今シーズンの働きが高く評価されるバストーニは、ボローニャ戦でロメル・ルカクのゴールを演出し、さらに評価を高めている。

21歳のバストーニは、2023年までの契約を交わしているが、若く優秀な才能には複数クラブが興味を持っている。特にバストーニのように技術力があり、ビルドアップに長けたDFはモダンなカルチョに適しており、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』はマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督の下でもフィットするだろうとした。

インテルはそういった可能性を警戒している。クラブの未来を担う若手を流出しないためにも、早期の契約が必要と考えているとのことだ。

バストーニの最近の発言