バストーニが挙げるインテル歴代ベストイレブン。自身に欠けているのはマテラッツィ要素と分析

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

インテルのアレッサンドロ・バストーニが、クラブのYouTubeチャンネルで自身が選ぶインテル歴代トップイレブンについて語った。

「GKはゼンガかな。インテル史上最強のGKの一人だね」

「ディフェンスラインは4枚でサネッティベルゴミマテラッツィファッケッティだ。インテリズムを体現した選手たちだね」

「中盤は3人でスタンコビッチヴィエラベルティ。ベルティはこのチームに根性とハートをもたらすはずだ。今でいうバレッラだね。デキにはパッションがあり、ヴィエラはフィジカル的な強さがあって、史上最強クラスのMFだ」

「前線はトリデンテ。ミリートロナウドヴィエリにするよ」

バストーニは、自身の挙げたベストイレブンから、“盗む”ことが重要だと考えている。

「僕はそれぞれの特長を手にしたいと思っている。中でも自分がもっと必要なのは、根性やずる賢さ、決意の部分だ。マテラッツィのようなね」

バストーニの過去のインタビュー