インテル、さらに新型コロナ陽性増加。サッスオーロ戦は延期に

インテル

インテルは18日、新たに新型コロナウイルスの陽性者が出たことを報告した。これに伴い、20日に予定されていたインテル対サッスオーロが延期となることも決まっている。

ダニーロ・ダンブロージオに続いてサミル・ハンダノビッチの陽性が確認されていたインテルは18日、さらにステファン・デ・フライとマティアス・ベシーノが陽性となった。

これを受けて、ミラノ保健局(ATS)は21日までインテルに活動停止を要請。20日の試合は延期となり、各国代表に呼ばれている選手たちを派遣しないようにと通達した。

保健局の決定といえば、ユヴェントス対ナポリやラツィオ対トリノのケースが頭をよぎるが、今回はレーガ・セリエAが正式に延期を認めている。そのため、この試合の扱いでトラブルが起こることはなさそうだ。

感染広がるインテル
ベシーノは復帰したばかりだった
ユヴェントス対ナポリは4月に開催