インテル、連勝は8でストップ。ルカクを後半投入も届かず…【サンプドリア対インテル】

インテル

インテルは6日、セリエA第16節のサンプドリア戦を敵地で戦い、1-2で敗れた。インテルの連勝は8でストップしている。

前節負傷交代のルカクは軽傷だったもののベンチスタートとしたインテル。10分のセットプレーで相手のハンドがありPKを獲得したが、サンチェスが失敗して先制の好機を逃す。

すると、サンプドリアにもPKのチャンス。バレッラのハンドがVARで確認されてPKとなると、カンドレーヴァに決められて先制を許した。38分にはケイタ・バルデが追加点を奪い、インテルは2点ビハインドで折り返す。

インテルは後半のスタート時にヤングを下げてペリシッチを投入。63分にはルカクを入れて前線の圧力を高めた。すると65分にはセットプレ-でデ・フライが決めて1点差に。たたみ掛けたいインテルは70分にエリクセン、81分にはダンブロージオとビダルを入れて勝負に出た。

しかし、サンプドリアが最後まで耐えて試合終了。インテルの連勝が止まった。

試合後コメント

アントニオ・コンテ監督
アレッサンドロ・バストーニ
アントニオ・カンドレーヴァ

主要3紙選手採点

ハイライト動画(セリエA公式YouTube)

Sampdoria 2-1 Inter | Inter’s winning run ended by former players Candreva & Keita | Serie A TIM