新型コロナウイルス陽性のコラロフ、レアル・マドリー戦にも間に合わず

インテル

インテルは17日、DFアレクサンダル・コラロフが新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したことを発表した。これにより、25日のチャンピオンズリーグも間に合わないことが確実になっている。『コッリエレ・デッロ・スポルト』などが伝えた。

コラロフはセルビア代表に招集されたが、筋肉のトラブルによりプレー不可と判断され、イタリアに戻ってきた。その後、新型コロナウイルスの検査を受けて陽性。隔離となることが決まっている。

コラロフは無症状とのことだが、プロトコルに従って10日間は通常の活動ができない。これにより、22日のトリノ戦はもちろん、25日のレアル・マドリー戦も回避することになった。