インテル、エリクセン放出でジャカを狙う? 「カンテほどではないが…」

インテル

インテルのMFクリスティアン・エリクセンは、1月の移籍が噂されている。『コッリエレ・デッロ・スポルト』は17日、取引の相手がアーセナルになるかもしれないと伝えた。

同紙は、冬のメルカートでインテルが手放す可能性があるとみている。インテルはエリクセンを放出することで別のMFを獲得すると予想した。

これまでにパリ・サンジェルマンのMFレアンドロ・パレデスとのトレードが噂されていたエリクセンだが、同紙はイングランドのクラブとの取引がより現実的だと主張。少なくとも2クラブが関心を持っているとした。

そのうちの1つはアーセナルのようだ。こちらはMFグラニト・ジャカが取引に含まれるかもしれないという。トーマス・パルテイが不可欠な選手となっているアーセナルにおいて、ジャカは放出の可能性がある。

ただ、「この取引は簡単ではない」と『コッリエレ』。指揮官が獲得を熱望していた「ンゴロ・カンテほどの守備能力はない」としても、「エリクセンよりもコンテにとって役立つ選手だ」と記した。ジャカを獲得することでアルトゥーロ・ビダルを1列前に上げることができるためだとしている。