「自分自身に怒っていた」。ラウタロがジェノア戦の感情を説明

インテル

インテルのFWラウタロ・マルティネスが26日、シャフタール・ドネツク戦の前日会見に臨んだ。その中で最近の話題に触れている。『FcInterNews』が伝えた。

―契約延長の噂。インテルにずっと残れるとしたら、どう答える?

「僕は毎日、向上するため、勝つために取り組んでいる。インテルで満足だし、幸せだよ。僕たちはクラブをより高みへ導くために日々やっているんだ。明日何が起こるかは分からない。でも、僕はここで幸せだよ。愛情を注いでくれるティフォージには感謝しているよ」

―ジェノア戦では交代後にベンチを何度も叩いていたが…

「自分のやりたい試合ができなかったから、自分に怒っていたんだ。ピッチを出て感情的に……ってことだね。でも、今は満足しているし、明日への準備もできている」