【インテル採点】ルカクとバレッラが高評価。最低点はラウタロ【対ジェノア】

インテル

24日に行われたセリエA第5節でインテルはジェノアに2-0で勝利した。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』『コッリエレ・デッロ・スポルト』『トゥットスポルト』の採点を紹介する。

マン・オブ・ザ・マッチは『ガゼッタ』がルカク。『コッリエレ』と『トゥット』は途中出場のバレッラとした。注目が集まりがちなエリクセンは平凡な評価。ただ、代わりに入ったバレッラが見事な活躍をしただけに、その差が強調される形になった。

守備陣は総じて高い評価。GKハンダノビッチは2紙が採点不可とした。『トゥットス』は「チケット代不要の観戦者」とだけ記している。

低評価だったのはラウタロ・マルティネスで、3紙とも「5」を付けた。「いつものラウタロではなかった」と『コッリエレ』が記したとおり普段のパフォーマンスとはかけ離れていた。交代後のリアクションからも、自身に苛立っていることは明らかだった。

そのほかでは、インテルデビューから2戦連続でダルミアンが好評価。ビダルとペリシッチは低評価が続いている。