現状に満足していないエリクセン「秋を通してベンチに座っているつもりはない」

インテル

インテルのMFクリスティアン・エリクセンが、現状に満足していない。デンマーク代表の会見で話したことを『スカイ』などが伝えている。

今年冬にインテルの一員になったエリクセンは、今シーズンのセリエA3試合を消化して出場は2回。先発が1回と、途中出場が1回だ。

エリクセンは現状について、「もちろん、秋を通してベンチに座るつもりはない。それはアントニオ・コンテも望んでいない」とコメント。「これから短期間に多くの試合がある。代表で3試合あって、それが終わったらクラブでチャンピオンズリーグが始まる。たくさん試合があるから、僕の出番もあるはずだ。より多くの選手の貢献が必要になるはずだね」と述べた。

エリクセンはこの夏に放出も噂された。しかし、「オファーは届いていないよ。何か明確なものが届いていたら、代理人から連絡があったはずだね」と話しており、インテルから離れる話はなかったとしている。