ハキミとビダルでユヴェントスとの差は縮まったと考えるコルドバ。「エリクセンには時間を」

インテル

元インテルのイバン・コルドバ氏が6日付『ガゼッタ・デッロ・スポルト』でインタビューに答えている。

――メルカートを終えてユヴェントスは近づいたか?

「そうだと言っておこう。インテルはすでに強かったが、良い選手が加わってさらにレベルが高まった。勝つ準備ができている。適応についても考慮しなければいけない。ある程度時間が必要がもしれないが、経験豊富な選手たちだ。すぐに準備ができるだろう。すぐに監督が求めるチームがみられるだろう。ユーヴェは9連覇中のチームだが、今シーズンは独走とはいかないだろう。インテルもついていけるはずさ」

――ハキミとビダルはトップレベルの補強

「アルトゥーロはみんな知っている。国際レベルの中盤で、あらゆるところで勝ってきた。ハキミは…このタイプのプレーですごく良いね。非常に若いが、すでにヨーロッパ最高レベルのクラブに適応している。技術面で素晴らしい。得点力もアシストもあり、止まることがない。サイドとして必要なものがある。ミラノではしばらくみられなかったものだ。そして、ダンブロージオも忘れてはいない。ハキミとは違うが、ミステルは試合によって2人から選ぶことができる。一方は攻撃に特化し、もう一方は守備だね」

――エリクセンはまだ本領を発揮していない

「だが、彼のクオリティに疑問を持つ人は誰もいない。プレミアリーグで我々はそれをみてきた。戦術面の問題だろうが、特にイタリアのカルチョへの適応だと思う。ルカクとヤングはスムーズに入った。クリスティアンは、我慢が必要かもね。」

――ブロゾビッチは?

「彼は常に成長を続けている。勝利をつかむには、真の選手が必要で、マルセロはそういった類い選手だ」