フィオレンティーナでの疑惑を説明するガットゥーゾ「メンデスの選手を獲得したことはない」

スポンサーリンク
フィオレンティーナ
スポンサーリンク

この夏にいろいろなことがあったジェンナーロ・ガットゥーゾが、『レプッブリカ』にコメントを残した。

ナポリを去ったガットゥーゾは、6月25日にフィオレンティーナの監督に就任した。しかし、今月17日に退任している。電撃退任の理由は、補強方針の違いと言われている。

特に話題となっているのが、ポルトのセルジオ・オリベイラだ。ガットゥーゾ監督が獲得を熱望したが、クラブがこれに応じなかったことが、退任の大きな一因ではないかとされている。

ガットゥーゾ監督とセルジオ・オリベイラは、代理人がジョルジュ・メンデスで同じだ。大物代理人が糸を引いているのではないかという指摘も出ている。

コンミッソ会長はメンデスに不満

ガットゥーゾはこの件について、「取引について話はできないが、私の過去を思い出すことができる。8年間監督をしていて、私のチームがメンデスの選手を獲得したことはない。アンドレ・シルバはミランに、グラムはナポリに、私がいったときにはすでにいた選手だ」と説明した。

さらに、次のように続けている。

「メンデスは友人で、私のキャリアのアドバイスをくれる。彼は素晴らしい経験を持っているからね。メルカートは私ではなく、マネジャーが管理している。私は役割を尊重しているよ」

「私は野心があり、優れた選手が欲しい。私のチームに合う選手が欲しい。代理人が誰かは関係ない。コンミッソ? じかに会ったこともない人について話すことはできない。私は真実しか話せないことに慣れている」

フィオレンティーナでの詳細は守秘義務で語れず