ガットゥーゾは「驚いた」。フィオレンティーナ会長、指揮官退任は「守秘義務で話せない」と主張

スポンサーリンク
フィオレンティーナ
スポンサーリンク

フィオレンティーナのロッコ・コンミッソ会長が、今夏の監督交代劇に触れた。『TMW』などが、クラブ公式メディアでの発言を伝えている。

フィオレンティーナはこの夏、ジェンナーロ・ガットゥーゾを新監督に招へいしたが、すぐに袂を分かった。補強方針の食い違いと言われているが、コンミッソ会長は「法的な理由で話せない。彼の弁護士が守秘義務の項目を削除すれば、何が起きたのか喜んで話す」と語り、守秘義務の存在を明かした。

ただ、ガットゥーゾの主張は違う。コンミッソ会長の発言を受け、次のように反応した。『ANSA通信』が伝えている。

「コンミッソ会長の発言を読んだ。守秘義務を入れることはフィオレンティーナからの要求だったから、私としては驚いている。むこうがその項目の削除を求めるなら、私としては一向に問題ない」

ガットゥーゾの後任はイタリアーノに決定