フィオレンティーナ、キエーザの後釜にカジェホン獲得。クアルタとカッレーラも加入

フィオレンティーナ

フィオレンティーナは5日、3選手の加入を発表した。

最終日にフェデリコ・キエーザを放出したフィオレンティーナ。その後釜として、フリーだったカジェホンが加入している。33歳のカジェホンは「ここにくることができてうれしい。モチベーションは十分だ」とコメント。「僕はカジェホンだ。キエーザじゃないよ。彼はすごい選手で、これからもうまくやるはずだね。僕はここで自分の仕事をする」と語った。

また、リーベル・プレートからDFルーカス・マルティネス・クアルタが加入することも決まっている。24歳のクアルタは、以前からイタリア複数クラブが関心を示していたセンターバックで、昨年アルゼンチンA代表デビューも果たしている。フィオレンティーナとの契約は5年となった。

また、サイドバックのアントニオ・バッレーカの加入も決まった。25歳のバッレーカは完全オプション付きのレンタルとなる。