レアル・マドリー戦で17分に退場…。カペッロは「審判が試合を壊した」。カンビアッソは「望んでいた試合ができなかった」と同情

アタランタ

24日に行われたチャンピオンズリーグ・ラウンド16ファーストレグでアタランタはレアル・マドリーをホームに迎え、0-1で敗れた。『スカイ』のコメンテーター陣がアタランタに同情している。『TMW』などが取り上げた。

かつてレアル・マドリーを率いたファビオ・カペッロ氏は、「彼(フロイラー)は最後の一人じゃなかったし、メンディは外に向かっていた。赤は正しくなかった。黄色には値したが、退場はないだろう。試合が壊れてしまった」と述べている。

また、元レアル・マドリーのエステバン・カンビアッソ氏は、「退場者を出したあとも、チームは気持ちを切らさなかった。望んだプレーはできなかっただろうけど、素晴らしいチームとしての意識は確かに存在していたね」とアタランタの検討を称えた。

アタランタのガスペリーニとムリエルは試合後…
退場シーンの動画(YouTube)
Remo Freuler Red Card vs Real Madrid