インテル会長、イタリア代表の失態に「性急な判断には反対」。問題点は?

イタリアのスポーツ界全体で改善を目指すべきと考えるマロッタ

インテルジュゼッペ・マロッタ会長が1日、『スカイ』のインタビューに応じた。その中で、EURO2024で早期敗退となったイタリア代表に触れている。

ルチアーノ・スパレッティ監督やイタリアサッカー連盟(FIGC)に対する憤りの声が噴出しているイタリアだが、マロッタ会長はもっと大きな枠での問題だと感じているようだ。

「イタリアは良い状況ではない。EURO2024敗退は、確かに我々に失望を与えている。ただ、勝つのはいつだって1つだけで、私は性急な判断には反対だ。批判には賛成だよ」

「セリエAもその要素で、あらゆる要素についての批判があるべきだろう。クラブの優秀な監督やマネジャー陣は、代表の利益のために行動すべきだ」

「イタリアのスポーツ界の大きな問題は、我々がシステムではないということだ。個人主体なところを脇において、ビジョンを持って取り組む必要がある」

「私は以前から言っていることだが、施設の問題がある。時代遅れだ。統計上、優れたスポーツ選手は裕福な家庭の出身ではないことが多い。しかし、カルチョに取り組むにはお金がかかる。多くの家庭やこどもたちが、カルチョをお金で諦めている。それは正しいこととは言えないだろう」

●以前から環境整備の重要性を口にしているマロッタ(2023/12/5)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!