リベリー、イタリアでキャリア継続の可能性 ヴェローナと交渉中か

スポンサーリンク
移籍関連
スポンサーリンク

フランク・リベリーは、2021-21シーズンもセリエAでプレーすることになるかもしれない。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

昨シーズンでフィオレンティーナとの契約が満了した38歳のリベリーは、新たなクラブを探している。中東やトルコからオファーがあったものの、本人の希望はイタリアに残ることで、代理人がその可能性を探っているところだ。

そんなリベリーに興味を示したのが、エラス・ヴェローナだという。

ただ、ヴェローナにとってリベリーの給与は高すぎるため、交渉が続いているようだ。一部報道によると、リベリー側が要求する180万ユーロ。ここからの値引きが実現すれば、ヴェローナと契約を交わすのではないかとみられている。

【2021夏セリエA移籍市場】補強採点トップはミラン インテル、ローマが続く