吉田麻也「ジェコに感謝、一番苦労したFWは…」

スポンサーリンク
サンプドリア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉田麻也が地元紙のインタビューに答えた。

サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が、『セーコロ XIX』のインタビューに応じた。『CalcioNews24』が引用して伝えている。

オマール・コリーとの連係

「互いに良い感じです。僕が少し戦術面で長けていて、彼の方がスピードがあります。お互いを補い合っていますね。1年以上経ち、お互いのことをよく知っています」

オリヴィエ・ジルーにエディン・ジェコ…、一番苦戦した相手は?

「ジェコにはまずありがとうと言わないとですね。僕のシュートは彼に当たってコースが変わったわけですから」

●吉田麻也がゴールを決めたインテル戦

「これまでの相手で最も大変だったのは、サッスオーロ戦で当たったカプートです。今ではチームメートですね。サッスオーロはまとまって攻撃してきますし、守備のときはすごく圧力をかけてきますから、本当に大変でした」

今シーズンのサンプドリア

「昨シーズンは9位でした。うまくいきましたね。今シーズンはほとんどチームが変わらずにいます。みんなことを知っているわけですから、とてもポジティブですね。まだ3試合しか終わっていないですが、すごく良いチームだと感じています」

イタリアへの適応

「ここは日本と大きく違うのはもちろん、イギリスとも大きく違います。気候、車、海、クラブの人々、料理、全部違うんです。僕は目の前のリアルに身を投じて、それを知るのが大好きです。すごく良い感じですよ。イタリア料理は大好きだし、日本食は自宅でしか食べません。パスタ、ピザ、ハム…、めちゃくちゃ好きですね。娘はジェラートばっかりですけどね」