インテル、3連勝ならず ディマルコ初ゴールにラウタロ弾も積極采配裏目に…

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サンプドリアは吉田麻也がゴール

セリエA第3節のサンプドリア対インテルが12日に行われ、敵地で2-2と引き分けた。

スーパーゴール2発でリード

バストーニがコンディション不良で欠場のインテルは、代わりにディマルコを起用。この選択がいきなり当たった。

●バストーニ欠場は前日会見で指揮官が明言

立ち上がりはサンプドリアに押し込まれたインテルだが18分、ゴール前でFKのチャンスを得ると、キッカーはハカン・チャルハノールではなく、左利きのバストーニ。壁の上ではなく、GKが構えるゴール左の隅に強烈なシュートを突き刺した。インテルの下部組織で育ったディマルコは、トップチームで初ゴールとなっている。

しかし33分にはサンプドリアが同点弾。ゴール前でインテルのクリアが小さくなると、こぼれ球を吉田麻也がシュートした。これは当たり損ねのボレーだったが、これがジェコに当たってコースが代わり、ゴールネットを揺らしている。

それでもインテルは44分、高い位置でのボール奪取からバレッラがドリブルで運んで2人をかわすと、強烈なシュートをファーへ。フリーで走り込んだラウタロ・マルティネスが左足でうまく合わせて、インテルが勝ち越しに成功した。

●バレッラは契約延長準備中

積極采配が裏目に…

後半に立ち上がりに同点弾を許したインテルは、積極的に交代カードを切り、67分までに5人を代えた。これが裏目に出てしまう。76分にセンシがひざを痛めてピッチを出て治療。状態が良くないことは明らかだったが、交代枠を使い切っていたため、無理をしてピッチに戻る形となった。

87分にはセンシがピッチを出て倒れ込んでしまう始末。終盤を実質10人で戦ったインテルは、2-2の引き分けで試合を終え、開幕3連勝を逃した。

試合後コメント

●シモーネ・インザーギ監督

センシ、レアル・マドリー戦は欠場確実とインザーギ バストーニは検査結果次第

インザーギ、ドロー悔やむも「3試合で勝ち点7は好スタート」【サンプドリア対インテル】

●フェデリコ・ディマルコ

インテル初ゴールに歓喜

ハイライト動画

Sampdoria 2-2 Inter | Inter are held to a draw at Marassi | Serie A 2021/22