トナーリが入団会見「ミランの関心を知ったとき、ほかの扉を閉じた」「ガットゥーゾはアイドルであり監督」

ミラン

ミランに加入したサンドロ・トナーリが14日、入団会見を行った。その様子を『MilanNews』などが伝えている。

「僕の最初のチームのユニフォームがロッソネーラだった。そこはほとんどみんなミラニスタだったんだ。父もそうだった。僕にその情熱を植えつけたよ」

――ステファノ・ピオリ監督とのコンタクトでは何を言われた?

「ミステルは僕の士気を高めた。これから僕が直面することを詳しく教えてくれた。準備はできているよ」

――ブレッシア会長のマッシモ・チェッリーノとは何があった?

「ずっと着たかったユニフォームだった。僕はチェッリーノと良い関係で、彼はカルチョを理解しているし、僕のこともすごく理解してくれる。会長には、初日から自分で決断するべきだと言われていたよ。その言葉を守ってくれた。スーパーな人だよ」

――メディアの圧力

「テレビは観ないよ。携帯とピッチと家のことばかりで、耳を塞いでいたね」

――ミランの印象

「すごくレベルが高い。うまくやりたいという意思と勝利への欲求を感じる。イブラを筆頭に、みんなに勝利したいという気持ちを伝えていて、ミスを犯さないようにしている。若手にもそういった欲求があって、クオリティがすごく高いよ」

――木曜日はシャムロック戦

「僕たちの準備はできている。公式戦は別物だ。世界を壊したいというより大きな欲求があるよ」

――中盤は2人と3人のどちらが良い?

「フォーメーションは最後だ。大事なのはピッチに立つことだね。自分のベストを尽くすためにも、まずはピッチに立たないといけない」

――たくさんアドバイスを受けている?

「チェッリーノからは、ブレッシアでやっていたのと同じようにやりなさいと言われたよ。そのアドバイスをこれからも大事にしていきたいと思っている」

――ミランとの交渉は?

「素晴らしかったね。ミランへ行く可能性があると分かったとき、ほかの扉を全部閉じたんだ。なんとしてもミランに行かなければいけなかった。それが僕の考えだった」

――「8」はガットゥーゾの影響?

「僕のアイドルだったし、8が空いていたからね。ガットゥーゾは僕のアイドルであり、ずっと監督だ。この番号を選んだのは、僕の人生で様々な意味を持っているからだよ」

――過去のミランの試合でプレーできるとしたら?

「チャンピオンズリーグ決勝だね。でも、僕はミラン対キエーヴォをスタジアムで観ていたんだ。最後にセードルフのゴールが決まった試合だよ。良くない試合だったけど、思い出深いね」

Milan-Chievo 1-0 – Goal di Clarence Seedorf – Telecronaca di Carlo Pellegatti (HQ)

――インテルとの交渉は事実だったのか

「代理人がいろいろ対応していた。頭を空けておくため、僕にこのビジネスから距離を置かせていた。代理人と信頼関係がある。ミランからの関心を知って、僕の情熱を知り、話し合ったんだ」

――イブラヒモビッチの影響は?

「僕を最も驚かせた一人だ。彼とプレーできるなんて素晴らしいね。彼はアイドルで、ミランに勝利をもたらすことができる。模範のような人物だね」