ミラン、フロレンティーノ・ルイス獲得が難航か。代理人は他国からの関心明かす

ミラン

ミランはベンフィカのMFフロレンティーノ・ルイスを狙っている。しかし、争奪戦はまだ終わっていないようだ。同選手の代理人が『ESPN』で話したことを『MilanNews』が伝えた。

ポルトガルメディアは最近、フロレンティーノ・ルイスのミラン移籍がほぼ合意に達したと報じた。ただ、マンチェスター・ユナイテッドも獲得に動いていると伝えられており、まだ決着はついていない。

代理人のブルーノ・カルバーリョ・サントス氏は「ヨーロッパで最も高く評価される若手MFの一人ゆえに、多くの関心がある」とコメント。「ミランについての話がよく出ているが、イングランドやドイツ、スペインにも、彼を追っているクラブはある」と語り、多くの選択肢があることを示唆した。

ミランが争奪戦で良い位置につけていることは確かなようだが、まだ価格は上がっていくかもしれない。