ドンナルンマの未来を語るライオラ「私はまだミラニスタたちの謝罪を待っている」

ミラン

 ミノ・ライオラ代理人がミランGKジャンルイジ・ドンナルンマの将来について話した。『スポルト・メディアセット』のインタビューを『MilanNews』が伝えている。

ミラン、新指揮官を巡って内部バトル? アッレグリ派とラングニック派?
 ミランの内部では、来シーズンの指揮官について意見が分かれているようだ。12日付け『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。  ミランはシーズン途中からチームを指揮しているステファノ・ピオリ監督に不満はない。ただ、続投を決め...

――ドンナルンマの将来は明確か?

「35、6歳までGKをするだろう」

――契約延長は不可能か?

「不可能なことはない。その件については一切話していない。ただ、私は今でもミランのティフォージの謝罪を待っている。前回の契約更新時に彼らは私を殺したがっていたし、クソだと言われたね」

――前回の契約延長は正しかったか?

「ノーだ。あのときは正しい決断ではなかった。ハートで決めたことだね。ただ、ハートで決めたことは、正しい決断になることもある。彼は幸せで、自分がやりたいことを選んだ」

タイトルとURLをコピーしました