ミラン、新指揮官を巡って内部バトル? アッレグリ派とラングニック派?

ミラン

 ミランの内部では、来シーズンの指揮官について意見が分かれているようだ。12日付け『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

アドリアン・ガッリアーニがノッティンガム・フォレストと契約
 イングランド2部のノッティンガム・フォレストは7日、MFアドリアン・ガッリアーニが加入したことを発表した。イタリア『スポルト・メディアセット』などが取り上げている。  元ミランCEOで現在モンツァのディレクターであるアドリアン・ガッ...

 ミランはシーズン途中からチームを指揮しているステファノ・ピオリ監督に不満はない。ただ、続投を決めるにはインパクトに欠けており、チャンピオンズリーグ出場権の獲得がその条件になるとみられている。ただし、現在10位。4位アタランタと勝ち点10差ということを考えると、達成は難しいはずだ。

 そこで、新シーズンに向けた監督探しが動いている。

 ズボニミール・ボバンとパオロ・マルディーニの両幹部は、イタリア人の名将にチームの再建を託したいと考えている。もちろん、ここで名前が挙がるのは現在フリーのマッシミリアーノ・アッレグリだ。

 一方、イバン・ガジディスCEOはラルフ・ラングニックの招へいにご執心で、数カ月にわたってドイツ人プロフェッサーを追っている。こちらは監督だけでなく、ディレクターとしての役割も兼任する形で呼びたいという考えのようだ。

 ユヴェントスを去ったあとは休養しているアッレグリは、国外から届いたオファーをすでにいくつか断ったとみられている。そのため、イタリアでの仕事を希望しているという見方が強い。ラングニックについては、先日ドイツメディアがミラン行きが濃厚だと伝えていた。

ミラン、ラングニック招へいへ!? SD兼任で来季監督と『ビルト』
 ミランがラルフ・ラングニック氏の招へいに近づいているという。ドイツ『ビルト』の報道をイタリア複数メディアが取り上げた。  ミランは今シーズン途中からステファノ・ピオリ監督が指揮を執っているが、来シーズン以降はまだ不透明だ。そ...

 『ガゼッタ』によると、ミランはそのほか、アタランタの幹部であるジョヴァンニ・サルトーリの引き抜きに動いているとのこと。こちらは実現が困難とみられているが、クラブ復権のための土台を整えようと動いている模様だ。

【2020冬メルカートまとめ】セリエA全クラブ主な獲得・放出一覧
☆主要3紙補強採点 ユヴェントス IN なし OUT マッティア・ペリン(→ジェノア/レンタル) ハン・グァンソン(→アル・ドゥハイル/500万ユーロ) マルコ・ピアツァ(→アンデルレヒト/レンタル) エムレ・ジャン(→...
タイトルとURLをコピーしました