ピョンテク放出が正式決定。ミランがヘルタ・ベルリン移籍を発表

ミラン

 ミランは30日、クシシュトフ・ピョンテクがヘルタ・ベルリンへ完全移籍で放出したことを発表した。

 ピョンテクは昨年1月23日にジェノアからミランに移籍。すぐにチームにフィットしてセリエAで9得点を記録した。しかし、より大きな期待を背負った今シーズンは大きなインパクトを残せず。冬にズラタン・イブラヒモビッチが加入したこともあり、372日でミランを離れることになっている。

 ミランは取引の詳細を明かしていないが、事前の報道では、移籍金は2800万ユーロ+ボーナスと伝えられていた。

 ピョンテクは昨年11月のインタビューで「今の僕の価値は3800万ユーロだ。次にクラブをかえるとき、その価値を6000~7000万ユーロにしてやりたい」と話していたが、1年でその価値は下がってしまったようだ。

自信を失わないピョンテク「次の移籍時に僕の価値は…」
 ミランに所属するポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクが、母国『TVPスポーツ』のインタビューに応じた。その模様を『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。  2018年夏にジェノアの一員となって大ブレークを果たしたピョン...
タイトルとURLをコピーしました