ミラン、ピョンテクとパケタの放出は難航

ミラン

 クシシュトフ・ピョンテクとルーカス・パケタの放出を検討しているミランだが、良い話はまだないようだ。『スポルト・メディアセット』などが27日に伝えた。

 ピョンテクに対してはトッテナムが関心を示しているほか、パリ・サンジェルマンも興味を持っているとのこと。しかし、『レプッブリカ』によると、具体的なオファーはまだ届いていない。

ミラン首脳陣がピョンテクの代理人と会談。1月移籍実現なるか
 ミランのディレクター陣は25日、クシシュトフ・ピョンテクの代理人と話し合いを行った。『スカイ』が伝えている。  ズラタン・イブラヒモビッチの加入で出場機会が少なくなっているピョンテクは、冬の移籍が取り沙汰されている。この数週...

 ミランからの移籍を希望しているパケタについては、さらに難しい状況。こちらはパリ・サンジェルマンが有力視されていたが、ミランの設定額がネックになっている模様。昨年フラメンゴから同選手を獲得したときよりも、パリ・サンジェルマンの評価は低くなっている。そのため、現時点で取引の成立とは遠い状況のようだ。

ミラン首脳陣がピョンテクの代理人と会談。1月移籍実現なるか
 ミランのディレクター陣は25日、クシシュトフ・ピョンテクの代理人と話し合いを行った。『スカイ』が伝えている。  ズラタン・イブラヒモビッチの加入で出場機会が少なくなっているピョンテクは、冬の移籍が取り沙汰されている。この数週...
「デ・シーリオ-クルザワ」の成立を示唆するパラティチ。エムレ・ジャンは「残留してほしいが…」
ユヴェントスのファビオ・パラティチSDが26日のナポリ戦の前に『スカイ』で移籍について語った。『TuttoJuve』などが伝えている。 ――マッティア・デ・シーリオとレイバン・クルザワのトレード 「メルカートにおける機会...