ミラン、パケタは構想外。PSGは2000万ユーロで獲得狙うが…

ミラン

 『スポルト・メディアセット』は23日、ミランがルーカス・パケタをプロジェクトの構想外と判断したと伝えた。

スソ、移籍を望む。しかし、ミランの要求は2500万ユーロ
 ミランはFWスソの放出が難航している。『スポルト・メディアセット』や『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えた。  スソは1月の移籍が有力視されている。ピッチに立ってもミラニスタたちからブーイングを浴びる状況で、スソ本人がク...

 2019年1月にミランの一員になったパケタは現在22歳。ブラジル代表で10番を背負った経験もある有望株だ。しかし、ミランでは現在、ベンチを温める日々が続いている。

 そんな中、22日に同選手の代理人がカーザ・ミランを訪れ、パオロ・マルディーニ、ズボニミール・ボバン両幹部と話し合った。

 ミランはパケタを構想外とし、この冬の放出を目指している。フランスからはパリ・サンジェルマンが強い関心を示していることが以前から報じられ、レオナルドは2000万ユーロ程度で引き抜きたい考えのようだ。

 しかし、ミランは「少なくとも3000万ユーロ」と設定しているため、交渉が長引くかもしれない。

 ステファノ・ピオリ監督は23日の会見でパケタに注文を出した。指揮官は「プレー機会が少ない選手が満足できないのは当然のこと」としながらも、「彼のクオリティをもってすれば、もっと決定的にならなければいけない。決定的な場所で仕事をすることだ。量としてはよくやっている。チームを勝利に導くことが大事だ」と、成長を求めた。

 しかし、その後発表された招集メンバーにパケタは含まれず。ブレッシア戦の欠場が確定している。『スカイ』によると、パケタ本人が招集メンバーから自身を外すことを要求したとのこと。