イブラヒモビッチはベンチスタート濃厚。サンプドリア戦当日のイタリア紙予想

ミラン

 6日に行われるセリエA第18節でミランはサンプドリアと対戦する。試合当日のイタリア紙は、FWズラタン・イブラヒモビッチのベンチスタートを予想した。

 ステファノ・ピオリ監督は前日会見で、イブラヒモビッチが起用可能だと話したが、2カ月以上公式戦から遠ざかっていることへの懸念も口にしていた。まだミランに合流して日が浅いこともあり、やはり先発でプレーする可能性は低い様子だ。

ピオリ、イブラへの過度の期待を警戒…? 「彼は国の救世主ではない」
 ミランのステファノ・ピオリ監督が5日、サンプドリア戦の前日会見に臨んだ。クラブ公式サイトでその模様が紹介されている。 ――サンプドリア戦 「前半戦の勝ち点は少なすぎた。特にホームではね。方向を変えなければいけない。あと...

 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』『コッリエレ・デッロ・スポルト』『トゥットスポルト』の3紙は、ミランの先発予想が完全に一致。次のメンバーがピッチに立つとみている。

GK ドンナルンマ
DF カラブリア、ムサッキオ、ロマニョーリ、テオ・エルナンデス
MF クルニッチ、ベナセル、ボナヴェントゥーラ
FW スソ、ピョンテク、チャルハノール

 イブラヒモビッチは最後の公式戦が昨年10月25日。ミランに合流してこなして練習はわずか3回ということで、最前線は引き続きピョンテクが務めるとのこと。

 ただ、それでもイブラヒモビッチに対する注目度は高く、サン・シーロには6万人近い観客が訪れるものと予想されている。

 同選手が最後にサン・シーロでプレーしたのは2012年5月13日のミラン対ノヴァーラ戦で、2794日ぶりの帰還にミラニスタたちはワクワクしているはずだ。

タイトルとURLをコピーしました