ミランの冬の補強は「結果次第」? 補強ポイント3つは確保濃厚か

ミラン

 14日、ミランの冬の補強をイタリアメディアが予想した。

 ミランは現在、セリエAで14位。すでに1度監督交代を行っており、苦しいシーズンとなっている。そのため、1月の動きが注目されているところだ。

 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、これからクリスマスまでの結果で補強がかわると主張。そのタイミングで投資の価値があれば、ズラタン・イブラヒモビッチのような大物を迎える可能性があるとした。

 『トゥットスポルト』は、フォワード、センターバック、右サイドバックの3つを確実に補強するとみている。

 前線はティフォージの夢がイブラヒモビッチであることは変わらないとしつつ、ドリエス・メルテンス、マリオ・マンジュキッチ、モイーズ・キーンといった候補がいる模様とのこと。

ミラン、前線補強の本命はマンジュキッチ!? ユヴェントスは完全移籍を希望か
 ミランが冬の移籍市場でユヴェントスのマリオ・マンジュキッチを狙っているようだ。『スポルト・メディアセット』が伝えた。  1月の移籍市場で前線を強化したいミランは、ユヴェントスからの移籍が決定的な状況となっているマンジュキッチに注目。...

 センターバックは、負傷離脱のマッティア・カルダーラが「新戦力」になるかもしれない。そのほかにはメリフ・デミラルもターゲットの一人のようだ。

 右サイドバックはダヴィデ・カラブリアが放出となる見通しで、リールのトルコ代表DFゼキ・セリクが候補として挙がっている。こちらは2000万ユーロほどが必要となるとのことだ。

キーンが早くもイタリア復帰? ミランがライオラと接触か
 エヴァートンのFWモイーズ・キーンに対して、ミランが関心を示していると、『calciomercato.com』が伝えた。  ミランは今年夏にも同選手の獲得を狙っていたが、ユヴェントスはエヴァートンとの取引を選択。ただ、イング...
タイトルとURLをコピーしました