全クラブ冬のメルカートまとめ

痛恨の敗戦を悔やむピオリ「もっと良い守備を」「ジルーは乗り越えるべき」

【写真】ph.FAB / Shutterstock.com

ボルシア・ドルトムント戦の黒星を嘆くミラン指揮官

ミランは28日に行われたチャンピオンズリーグ・グループF第5節のボルシア・ドルトムント戦を1-3で落とした。ステファノ・ピオリ監督が試合後、『スカイ』や『スポルトメディアセット』でコメントを残している。

●CL再開! ELも! WOWOW加入はこちら[PR]

【マッチレポート】ミラン対ボルシア・ドルトムント
【ミラン採点】痛恨の敗戦の責任は? 「ETCゲート」と酷評も

試合を振り返って

「流れを引き込めずに負けてしまった。相手はリードを奪うとすぐに引いて構えてカウンターを狙ってきた。1-2になるまでは適切な試合ができていた。守備はうまくいかなかった。特に2失点目のシーンは良くなかった。チャウのケガも影響してしまった」

クオリティーの欠如

「確かにクオリティーは低かったが、それは我々がつくり出せなかったからではなく、チャンスを活かせなかったからだ。もっと良い守備をしなければいけなかった。2知って目までは十分コントロールできていたが、そのあとは苦しんでしまった」

グループステージ突破の可能性

「我々次第の状況ではなくなった。我々は自分たちのことに集中して、まずはニューカッスルに勝つだけだ」

●大混戦! ミラン、CLグループステージ突破の条件は?

ハーフタイムにオリヴィエ・ジルーと会話

「もちろん話をした。ただ、引きずっているようだったが、彼は経験豊富で、乗り越えてもらわなければいけなかった。彼にとって良い夜にはならなかったね」

負傷者の続出

「心配だ。試合が多すぎて、常に問題を抱え散る。マリック・チャウは素晴らしいプレーをしていたが、交代を余儀なくされてしまった」

ファンへのメッセージは?

「言葉を見つけるのは難しい。ティフォージが私に求めているのは言葉ではないと思う。我々はもっと良くならなければいけない」

[PR]
シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!