ミラン、ポポビッチ獲得間近? 交渉は順調か

バルセロナなども興味を持つセルビア期待の17歳

ミランはマティヤ・ポポビッチの獲得にかなり近づいているようだ。『TMW』が17日に伝えた。

『GianlucaDiMarizo.com』は16日、ミランがポポビッチの獲得に動いていることを報じていた。これに続いて、『TMW』は交渉がかなり進んだ段階にあることを伝えている。

記事によると、17歳のポポビッチに対しては、バルセロナやボルシア・ドルトムントも興味を持っているが、ミランがリードしている模様。代理人である父にオファーを出しており、これが数日中に受け入れられる感触があるという。

ポポビッチはパルチザンとの契約が今年いっぱいで満了となる。クラブとの契約更新に応じていないのも父の意向とされており、より大きなクラブへ行くタイミングと考えているようだ。

ミランは2028年6月30日までの長期契約を準備しているとされている。年明けに有望株はやってくるだろうか。

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
SwG Basic の例
広告