5/20 アパレル第2弾!

アタランタ、指揮官はミランを称賛 ペッシーナは「ゴールはファウルだった」

目次

ガスペリーニはピオリらに拍手

アタランタは15日、セリエA第37節でミランと対戦し、0-2で敗れた。アタランタ陣営は、ミランの強さを称えている。

アタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は、特にステファノ・ピオリ監督の手腕を称賛。『DAZNイタリア』で次のように語った。

「ミランは驚くべきことをしている。本当にピオリの功績は大きい。マルディーニとマッサーラもね。選手を選ぶメンタリティをひっくり返した。テオ・エルナンデスとラファエル・レオンだけでなく、2人のセンターバックもそうだ。こんな短い期間でカンピオナートを制そうとしている。ミランにはそのような伝統があるね」

失点直後はダニエレ・オルサート監督に強く説明を求めていた。

「いやいや。オルサートのことは信頼している。ファウルはゴールから非常に遠かった。私から見てファウルだったというだけだ。ボローニャ戦はかなりはっきりとPKがあった。ただ、オルサートは信頼できる審判だ」

一方でマッティア・ペッシーナは、結果を受け入れながらも判定への不満を口にしている。

「ゴールはファウルからだった。僕からすると間違いないよ。サッカー経験者なら、誰だって同じ意見だと思う。ミランは勝利に値した。でも、あの判定は納得できないね」

ミラン対アタランタ:ハイライト動画

●ミラン関連記事はこちら

あわせて読みたい
【アパレル】「使い勝手+アナタの色」便利な白カットソー 【アパレル好評です!】  カルチョイズムでアパレルを始めました。新作も準備中ですが、第一弾のカットソーは現在も好評販売中です! ●アパレル始動! カルチョイズム...
シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる