注目クラブの新加入選手・退団選手・基本システムなどをチェック!

インテル戦に悔しさ残るカラブリア「僕的にはゴール」

目次

「ハンダノビッチはノーチャンスだった」

ミランは19日、コッパ・イタリア準決勝セカンドレグでインテルと対戦して0-3で敗れた。ファーストレグで引き分けていたため、ミランは敗退が決まっている。ダヴィデ・カラブリアは試合後、ステファノ・ピオリ監督と同様の主張をした。

ミランは67分、イスマエル・ベナセルがゴールを決めたかと思われたが、オフサイドポジションにいたピエール・カルルが関与とジャッジされて取り消された。

カラブリアが『スカイ』で次のように語っている。

「少し悔しさが残る。日曜日に向けて気持ちを切り替えないとね」

「ピッチ上のインテルの選手は、ハンドだとアピールした。でもそれはなかった。ハンダノビッチはシュートを止める可能性がなかったし、僕的にはゴールだったよ」

●ミラン関連記事はこちら
●インテル関連記事はこちら

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次