5/20 アパレル第2弾!

ミラン、ベロッティの1月獲得を検討か カギを握るのはポベガ?

ミランがトリノのFWアンドレア・ベロッティを1月に獲得するかもしれない。『トゥットスポルト』が25日に伝えた。

ベロッティは、トリノとの契約が最終年だが、更新の意思はない。そのため今シーズン終了後に新天地へ行く可能性が高まっているが、『トゥットスポルト』は1月にミランが移籍金を支払って獲得するのではないかとした。

[affi id=5]
●ミラン、ベロッティに接触 セリエBでブレークの長身FWにはスカウト派遣

ミランはセンターフォワードとして3選手を抱えている。しかし、ズラタン・イブラヒモビッチとオリヴィエ・ジルーは年齢に不安があり、ピエトロ・ペッレグリもコンディションの問題もあって十分にプレーしていない。そこで、実績十分のベロッティが選択肢に入るとみている。

トリノのカピターノであるベロッティ。契約は残りわずかだが、ウルバーノ・カイロ会長は安売りを望まない。それでも、ミランにはトンマーゾ・ポベガというカードがある。ポベガは現在、シンプルなレンタルでミランからトリノに移っているが、ここまでカンピオナート7試合に出て、中盤ながら2ゴールを記録している。これを完全移籍オプション付きのレンタルに切り替えるなどして、トリノとの合意を目指すかもしれないと記事は伝えた。

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる