ケシエに忠告するアンブロジーニ「ミランで誰かが首を絞めることがあってはならない」

スポンサーリンク
ミラン
スポンサーリンク

マッシモ・アンブロジーニが『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで、フランク・ケシエの去就について語った。

「彼はトッププレーヤーで、メルカートは契約満了でもっと稼げることを多くの選手に教えてくれる。彼がいくら稼ぎたいのか、私には分からない。それは個人的なことだね」

「ここで問われるのは、そのプロジェクトをともにすることは、お金を諦める価値があるかどうか、ということだ。私的にはイエスだね。彼は自分の本当の欲求を理解しないといけない。ミランのようなクラブにおいて、誰かが首を絞めるようなことがあってはならない」

「ドンナルンマとチャルハノールのときのように、クラブは可能な限りのオファーを出すが、リミットは設定されている。ケシエはパフォーマンスレベルでもリーダーシップでも、多くをもたらしている。フランクがクラブのオファーに満足して、確信を持ってクラブに残ることを願っているよ」