ケシエ残留へ…、ミランが条件引き上げに動く。年俸6.5億円以上を用意か

スポンサーリンク
ミラン
スポンサーリンク

ミランがフランク・ケシエの契約延長に向けて、具体的な動きを始めたようだ。7日、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『スポルトメディアセット』が伝えた。

ケシエはミランとの契約が残り1年。クラブに対する愛着はあるものの、条件面で開きがあることが報じられてきた。

ただ、1年後にケシエをフリーで放出することは避けたいミランは、ついに条件引き上げを検討しているという。

ミランはこれまで、年俸220万ユーロのケシエに400万ユーロという条件で打診してきたが、新しい条件は500万ユーロ以上。『ガゼッタ』は少なくとも500万ユーロで、かなりの額のボーナスが上乗せされるとした。『スポルトメディアセット』は、550~600万ユーロの給料を約束する準備ができていると報じている。

GKジャンルイジ・ドンナルンマとハカン・チャルハノールを無料で手放すことになったミラン。そのリスクを繰り返すわけにはいかない。

ケシエにプレミア勢が忍び寄る…? ミラン残留の意思明白も不安は続く

第2のドンナルンマは回避せよ! ミラン、ケシエ契約延長を急ぐ

「200億円失った」ミラン、ケシエ契約延長交渉はまだ開き