ミラン、イスコ獲得の好機到来か。移籍金26億円で実現可能?

スポンサーリンク
ミラン
スポンサーリンク

ミランがレアル・マドリーMFイスコの獲得を真剣に検討しているという。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が5日に伝えた。

過去にもイスコへの関心が取り沙汰されてきたミランだが、今回はより現実的だという。レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督はイスコの売却を止めないと言われており、契約満了まで残り1年ということで、獲得の機会が訪れたとみられている。移籍金は2000万ユーロを超えないはずだと『ガゼッタ』はみており、取引は現実的なものだとした。

さらに同紙は、ミランとレアル・マドリーの良好な関係も強調。テオ・エルナンデスやブラヒム・ディアスの取引からもそれはうかがえるとしており、イスコの取引においても有利に働くとした。

ハカン・チャルハノールを失ったミランは、アヤックスのドゥシャン・タディッチに強い関心があるとも報じられているが、本命はどちらだろうか。

ミラン放出リストの現状は?