ミラン、ジルーはEURO前に決着か。トナーリは値引き交渉中

スポンサーリンク
ミラン
スポンサーリンク

ミランが補強を順調に進めているようだ。『スカイ』の5月31日の報道を『MilanNews』が伝えている。

ミランはこの数日、フリートランスファーになるオリヴィエ・ジルーの話題が続いている。フランス代表のジルーは、EURO2020開幕前にミラン行きを決める可能性もあるとのことだ。クラブの首脳陣は今週中にジルー側と接触する予定で、最終的な決定があるかもしれない。

ブレッシアからレンタル中のサンドロ・トナーリについては、まだ完全移籍オプションを行使していない。ミランはボーナス分の金額と支払い時期についてブレッシアに譲歩を求めているとのことだ。ただ、「ミランは選手の資質を楽観している」と『スカイ』はしており、完全移籍が進むものとみている。

ただ、トナーリについてはメディアによって意見が分かれているところで、『スポルトメディアセット』は先日、「クラブ内で意見が分かれている」と伝えていただけに、注意が必要かもしれない。