ミラン、トモリをオフィスに“呼び出し”、奮起促す。ロマニョーリも不透明

ミラン

ミランのセンターバックは、まだ将来が不透明だ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が29日に伝えている。

トモリは“呼び出し”

ミランは28日、フィカヨ・トモリをカーザ・ミランに呼び出した。

チェルシーからのレンタルで冬に加入した同選手は、すぐに適応してインパクトを残している。しかし、最近は決定的なミスをするなどパフォーマンスが低下。『ガゼッタ』の採点は2試合連続で「5」。前節ラツィオ戦はコレアに翻弄されてワーストに選出されている。

それでもミランはトモリへの信頼を失っておらず、これから完全移籍に動く意向とのこと。ただ、2800万ユーロを投じるからには、パフォーマンスで説得してほしいようで、パオロ・マルディーニらディレクター陣がハッパをかけたようだ。

トモリはすぐに適応

主将ロマニョーリも微妙

トモリの活躍にベンチを温める機会が増えたアレッシオ・ロマニョーリも、ミランでの将来が不透明と言われている。

ミランは主将の契約延長を望んでいるものの、売却の可能性は除外できない。良い条件でのオファーあれば、応じることも考えられるという。少なくともトモリ獲得に2800万ユーロを用意しなければいけないため、資金を捻出しなければいけない。

ロマニョーリは次節ベネヴェント戦でトモリを外し、ロマニョーリを起用するという案が出ている模様。

チャンピオンズリーグ出場権獲得を目指すミランは、シーズン終盤に誰がアピールするだろうか。

移籍の噂が続くロマニョーリ