急失速ミラン、ネガティブな記録達成の可能性。冬の王者なのに…

ミラン

ミランがうれしくない記録をつくってしまうかもしれない。『スポルトメディアセット』が伝えている。

今シーズン前半戦に好調だったミランは、第19節終了時に首位だった。シーズンの半分を終えてトップのチームは、「冬の王者」と呼ばれる。

冬の王者に与えられるものは、もちろん何もない。ただ、冬の王者は67.8%の確率でそのシーズンのスクデットを手にしており、冬の時点では最も優勝に近いチームであることも明らかだ。

しかし、シーズン後半戦はインテルが安定感を身につけて首位を独走中。ミランはペースを落としている。

ミランは前節ラツィオ戦を落としたことで5位に転落した。2位以下は混戦となっているが、チャンピオンズリーグ出場権獲得に暗雲が立ち込めている。

1995/96シーズン以降、冬の王者は最終順位が最低でも3位。1998/99シーズンのフィオレンティーナと、2002/03シーズンのミランだけだ。つまり、チャンピオンズリーグ出場権を逃した冬の王者はいないということである。

冬の王者がチャンピオンズリーグ出場権を逃すことになれば、イタリアで初の出来事。ミランは踏ん張れるだろうか。

冬の王者の優勝確率は…

冬の王者時のイブラヒモビッチのコメント