イブラヒモビッチ、活動禁止処分はなしで罰金が妥当?

ミラン

ミランのズラタン・イブラヒモビッチは、今後もピッチに立つことに問題はないようだ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が27日に伝えている。

最長3年の活動禁止?

イブラヒモビッチは先日、賭博関連企業の株式を一部保有していることがスウェーデンで報じられた。UEFAは26日、この件について倫理規律検査官に調査を要請したと発表。選手がサッカー賭博に関与することはFIFAの規定に違反しているため、最長で3年間の活動停止処分になるかもしれないと報じられている。

しかし、『ガゼッタ』はイブラヒモビッチが賭博に直接関係しているとは言いがたく、活動停止とはならないだろうと指摘。罰金処分で済むとみている。

イブラヒモビッチは22日にミランとの契約延長を発表した。この一件が報じられたのは、契約延長より前のこと。ミランとしても、活動停止処分はないと判断した上で契約を進めたのかもしれない。

復帰が近づくイブラヒモビッチ

イブラヒモビッチはふくらはぎの負傷で離脱していたが、27日は前日のラツィオ戦で控えだったメンバーとともにグループ練習に参加。次節ベネヴェント戦に向けて始動した。

ベテランのエース不在でパフォーマンスが低下しているミランは、スクデットはおろか、チャンピオンズリーグ出場権も怪しくなってきた。イブラヒモビッチが試合に関われるかは、大きな違いを生みそうだ。

ミランとの契約延長後に意気込みを語っていたイブラヒモビッチ

前節ラツィオ戦はエース不在で散々