ラファエル・レオンを擁護するピオリ「良いプレーだった。良い動きをしていたが、パスが出なかった」

ミラン

ミランは18日、セリエA第31節のジェノア戦で2-1の勝利を収めた。ステファノ・ピオリ監督が試合後、『スカイ』でラファエル・レオンについて語っている。『MilanNews』が伝えた。

ラファエル・レオンはこの日、出場停止のズラタン・イブラヒモビッチの代役として最前線で起用されたが、活躍はできなかった。それでも指揮官は選手を責めるつもりはないようだ。

「2回良いチャンスがあった。良い動きを見せたね。ただ、良いタイミングで我々が彼に良いパスを出せなかった。私的には、良いプレーだったと思う。最終的にはよりフィジカルが必要と考えてマンジュキッチを投入したんだ」

試合を振り返るピオリ