「マンジュキッチに疑問を待ったことはない」。給与受け取り辞退のベテランをピオリが称賛

ミラン

ミランのステファノ・ピオリ監督が、マリオ・マンジュキッチについて語った。17日の会見の様子を『MilanNews』などが伝えている。

マンジュキッチは冬にフリーでミランの一員になったが、3月は負傷で試合に出ていなかった。ただ、パオロ・スカローニ会長は16日、マンジュキッチが3月の給料はいらないとクラブに申し出、ミランはこれを寄付すると明らかにしている。

マンジュキッチについてピオリ監督は、「マリオはプレーできないことにとても苦しんでいた。強烈な熱意を持ってやってきたからね」とコメント。「道徳的にも技術的にも彼のクオリティに疑いの余地はなかった。ここから最後まで、我々の力になってくれるはずだ」と述べている。

マンジュキッチは18日のジェノア戦に向けた招集メンバーに含まれている。久々の出番はあるだろうか。