「イブラヒモビッチは審判を攻撃していないと言っている」。エース退場を語るピオリ

ミラン

ミランは10日、セリエA第30節でパルマと対戦し、3-1で勝利した。ステファノ・ピオリ監督が試合後、ズラタン・イブラヒモビッチの退場に触れている。『スカイ』などでコメントを残した。

先発で出場したイブラヒモビッチは、先制点をアシストするなどしてチームの攻撃をけん引した。しかし、1点リードで迎えた60分、ファビオ・マレスカ主審に一発退場を命じられている。接触プレーはなく、審判に対する暴言などとみられるが、ピオリ監督は次のように語った。

「ズラタンと話した。彼はマレスカを攻撃するようなことは絶対に言っていないと言っている。しばらく議論はあったが、リスペクトは欠いていない、とね。マレスカとは成していない。だから、彼からどう見えたのかは分からない」

「ズラタンが最後に言ったのは、『オレが言ったことは本当に気にならないの?』ということだった」

「よくあることだが、真実はその中間にある。ズラタンはレフェリーを攻撃していないと言った」