ミランのシマカン獲得は消滅。ライプツィヒが加入を発表

ミラン

ストラスブールのDFモハメド・シマカンは、来シーズンからドイツのRBライプツィヒでプレーすることになる。ライプツィヒが22日、正式に発表した。

20歳のシマカンは、ミランが獲得を目指していた若手センターバック。冬のメルカートでは選手と合意に達していたとも言われているが、クラブ間の交渉が難航。その間にシマカンが負傷離脱となり、ミランはフィカヨ・トモリに方向転換した。

シマカンはライプツィヒと5年契約を交わすことになった。これにより、ミランへの移籍は事実上消滅している。

トモリは大活躍中
ミランが関心を示していた